【スパイファミリー】ボンドの正体や能力・過去|犬種も考察

【スパイファミリー】ボンドの正体や能力・過去|犬種も考察
出典:Ⓒ遠藤達哉/SPY×FAMILY9巻/集英社
  • URLをコピーしました!

『スパイファミリー』に登場するボンドの正体や能力、過去を知りたい!

今回は、こんな疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • ボンドの正体
  • ボンドの能力
  • ボンドの過去
  • ボンドのかわいいシーン

ボンドに関することを網羅したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

動画配信サービスの無料登録で
『SPY×FAMILY』をタダで読める!
SPY×FAMILY(スパイファミリー)とは
出典:集英社公式サイト

順に登録すれば、9巻分が完全無料!!

無料期間中に解約すれば、料金は発生しません!
まずは1つ登録して、『SPY×FAMILY』を無料で読みましょう!

ゆりかご

U-NEXT」なら、1巻を無料で読めつつ、アニメも見放題で楽しめますよ!!

1分程度で登録可能!!

目次

ボンドとは

ボンドとは
出典:Ⓒ遠藤達哉/SPY×FAMILY4巻/集英社

ボンドは、フォージャー家の一員となった犬です。

黒い足と白くてモフモフの毛が特徴的で、助けてくれたアーニャを筆頭にフォージャー家を愛しています。

今では、ボンドがなくてはならない存在になっています。

ゆりかご

ボンドの初登場は、『スパイファミリー』4巻18話です。

ボンドのプロフィール・性格

名前ボンド・フォージャー
性別オス
体重不明
年齢不明
※老けている
好きなものアーニャ
ロイドが作ったご飯
嫌いなものヨルが作ったご飯

ボンドは見た目通り非常に温厚かつ優しい性別で、吠えることも少なく落ち着いています。

しかし、フォージャー家に危機が訪れていたり耐えられないことがあったりすると、少しだけ意地悪に。

『スパイファミリー』5巻ショートミッション3にて、アーニャをペンギンのぬいぐるみに盗られたと思ったボンドは、ペンギンのぬいぐるみをボロボロにして喧嘩しました。

最終的に謝っていたところを見ると、根は優しいことが分かります。

ゆりかご

人間より性格が良いイッヌやね。

ボンドの犬種

ボンドの犬種は不明です。

ただ、『スパイファミリー』4巻にて「グレートピレニーズ」という犬を参考にして書いていることが判明しました。

ゆりかご

確認してみると、確かにボンドと似てるわ⋯。

ボンドの名前の由来

ボンドの名前の由来
出典:Ⓒ遠藤達哉/SPY×FAMILY4巻/集英社

ボンドの名前は、アーニャが見ていたアニメ「ボンドマン」が由来になっています。

『スパイファミリー』4巻23話にて、アーニャは他の犬に手袋を盗られたとき、ボンドは威圧して取り返しました。

その様子を見たアーニャは、ボンドマンが大切なものを取り戻したシーンを思い出し、ボンドの足がボンドマンと似ていることに気付きます。

そして、アーニャは名前を「ボンド」に決めたのです。

ボンドの声優は誰?予想してみた

ボンドの声優は、今のところ不明です。

予想としては、「杉田智和さん」「大塚明夫さん」「山寺宏一さん」あたりが多く挙げられていました。

ゆりかご

個人的には、大塚明夫さんがボンドに合ってるかな~って!

ボンドの正体・能力|弱点はある?

ボンドの正体・能力|弱点はある?
出典:Ⓒ遠藤達哉/SPY×FAMILY4巻/集英社

ボンドの正体は、【プロジェクト〈アップル〉】で生み出された実験動物8号です。

【プロジェクト〈アップル〉】とは、知能の高い動物を作ることを目的とした研究のこと。アーニャもこのプロジェクトに関わっていた可能性は高いです。

ゆりかご

犬の中でもボンドが賢い理由も、これで納得やね。

能力は「未来予知」

ボンドは実験により、未来予知の能力を手に入れています。

能力を使う際の条件は正確に分かっていないものの、アーニャを見て能力を使用した様子から、おそらく自由が利くのでしょう。

また、能力で予知した未来は行動次第で変えられます。実際、ロイドが死亡する未来を見たボンドとアーニャは、奮闘して明るい未来にしていました。

未来予知できる時間は不明です。
能力の使用シーンを確認すると、少なくとも1,2時間くらい先の未来は見えると考えられます。

ゆりかご

アーニャよりは能力を自由に使える感じやね!

ボンドの弱点

ボンドの弱点は、未来予知した内容を伝える手段がないことです。

犬であるボンドは人の言葉を発せられず、人間の言葉も少ししか理解できません。そのため、未来を予知したとしても、ボンド1匹ではどうすることもできないのです。

ボンドが犬であるが故の弱点と言えるでしょう。

ゆりかご

こればかりは仕方がない!

ボンドとアーニャの能力は相性抜群

ボンドの未来予知能力は、アーニャの能力と相性抜群です。

確かに、ボンドは自由に能力を使える反面、人間の言葉を話せず、予知したことを誰かに共有できません。

ただ、相手の心を読める能力を持っているアーニャがいればボンドの弱点を克服できます。

つまり、ボンドが予知した未来を言語化できるのはアーニャだけ。お互いの能力を活かせば、未来すら変えられるのです。

ゆりかご

ロイドやユーリにとっては喉から手が出るほど欲しい能力でしょうね。

ボンドの過去|フォージャー家の一員になるまでの経緯を紹介

ボンドの過去|フォージャー家の一員になるまでの経緯を紹介
出典:Ⓒ遠藤達哉/SPY×FAMILY4巻/集英社

今でこそボンドはフォージャー家と幸せな時間を過ごしていますが、出会うまでの過去が壮絶です。

では、ボンドの過去を具体的に確認していきましょう。

実験動物として扱われていた

実験動物として扱われていた
出典:Ⓒ遠藤達哉/SPY×FAMILY4巻/集英社

【プロジェクト〈アップル〉】で生み出されたボンドは、実験動物8号として過酷な日々を送っていました。

ある日は謎の薬を投与され、ある日は電圧をかけられる毎日を過ごしたボンド。嫌がっても「死んでも替えはきく」と止めず、身体に大きな負担がかかっていました。

時が過ぎ、ボンドは政権の崩壊によってプロジェクトが終了して闇に流され、テロリスト達に‟爆弾犬”として飼われたのです。

偶然アーニャと出会う

偶然アーニャと出会う
出典:Ⓒ遠藤達哉/SPY×FAMILY4巻/集英社

イーデン校で星を手に入れたご褒美として犬を飼いにきたアーニャ。

色々な犬を見ていたとき、ボンドはアーニャを見てフォージャー家と一緒にいる未来をを予知しました。未来予知を読み取ったアーニャは、ボンドが気になりその場を離れます。

ボンドを探していると、アーニャは知らぬ間に敵のアジトへ。的に見つかったアーニャは殺されそうになりますが、ボンドが駆けつけて脱出に成功します。

ここで、アーニャは「ボンドが未来を予知できること」を知ったのです。

ゆりかご

ボンドがアーニャと出会えたのは、ほんまに偶然です!

ロイドが死亡する未来を見たボンドとアーニャが奮闘

ロイドが死亡する未来を見たボンドとアーニャが奮闘
出典:Ⓒ遠藤達哉/SPY×FAMILY4巻/集英社

ヨルの助けもあって敵から逃れたボンドとアーニャ。
そのとき、ボンドは建物が爆発してロイドが死亡する未来を予知し、その未来をアーニャも知ります。

どうにかしようと思ったボンドとアーニャは建物の近くに移動し、敵の心を読んで爆弾を阻止しようと奮闘します。

ボンドとアーニャの奮闘が功を奏し、爆弾の存在に気付いたロイド。無事未来を変えて、ボンドとアーニャはロイドを死亡する危機から救ったのです。

ゆりかご

ロイドにとって、ボンドとアーニャは命の恩人やね!

アーニャのわがままでフォージャー家の一員に

アーニャのわがままでフォージャー家の一員に
出典:Ⓒ遠藤達哉/SPY×FAMILY4巻/集英社

事件は終息し、ロイドは所属する組織‟WISE”にボンドを預けようとします。

しかし、アーニャは「ボンドを飼いたい! ボンドを飼わなきゃ学校辞める!!」とワガママを言い、ロイドと組織は引くに引けない状態に。

【オペレーション〈梟〉】に支障をきたすと考えた組織側はアーニャの要求を呑み、ボンドはフォージャー家の一員となったのです。

ゆりかご

温かいフォージャー家に迎えられたボンドの表情がもう⋯!! 泣ける!!

ボンドのかわいいシーン・魅力を紹介

ボンドのかわいいシーン・魅力を紹介
出典:Ⓒ遠藤達哉/SPY×FAMILY5巻/集英社

ボンドは登場してから、かわいいシーンがたくさんあります。

ここでは、そんなボンドのかわいいシーンを厳選して3つ紹介します。

かわいいシーン1.アーニャのぬいぐるみに嫉妬するボンド

かわいいシーン1.アーニャのぬいぐるみに嫉妬するボンド
出典:Ⓒ遠藤達哉/SPY×FAMILY5巻/集英社

『スパイファミリー』5巻ショートミッション3話にて。

アニメ「ボンドマン」でペンギンが死亡したことを悲しんだアーニャは、ぬいぐるみと一緒に寝ました。

それを見たボンドは嫉妬。
翌日にぬいぐるみをボロボロにして、アーニャと喧嘩していまいました。

嫉妬する様子や「ボンドなんか大嫌い!!」と言われてショックを受けるボンドが非常にかわいいです。

ゆりかご

温厚なボンドが嫉妬丸出しになるの、ほんまかわいい。

かわいいシーン2.死を回避すべくロイドを探しているときのボンド

かわいいシーン2.死を回避すべくロイドを探しているときのボンド
出典:Ⓒ遠藤達哉/SPY×FAMILY7巻/集英社

『スパイファミリー』7巻40話にて。

ボンドがフォージャー家でくつろいでいたとき、ヨルのご飯を食べて死んでしまう未来を予知しました。死を恐れたボンドは、何とかヨルのご飯を回避しようとロイドを探す旅へ出かけます。

しかし、ロイドをなかなか見つけられず、涙を流してしまうボンドの虚しい表情がかわいいです。

ゆりかご

ちなみに、このあとロイドと合流できて、ヨルのご飯を回避できましたw

かわいいシーン3.細い姿になったボンド

かわいいシーン3.細い姿になったボンド
出典:Ⓒ遠藤達哉/SPY×FAMILY9巻/集英社

『スパイファミリー』9巻58話にて。

ボンドとロイドは火事で燃えている建物から無事脱出しますが、ボンドの背中に火が燃え移ってしまいました。

火を消そうと近くにいたおじさんに水をぶっかけてもらったとき、ボンドの身体は水分を吸ってしなしなに。細いボンドが爆誕しました。

普段のモフモフとは違う、細いボンドがかわいいです!

ゆりかご

細いボンドに、感情を表に出さないロイドも思わず笑ってましたw

ボンドに関するまとめ

今回は、ボンドの正体や能力、過去などを紹介しました。

本記事をまとめると
  • ボンドの犬種はグレートピレニーズを参考にしている
  • ボンドの名前は作中のアニメ「ボンドマン」が由来
  • ボンドの正体は【プロジェクト〈アップル〉】で生み出された実験動物8号
  • ボンドは未来予知の能力を持っていて、自由に使用できる
  • ボンドは実験動物として壮絶な過去を送っていた
  • アーニャのワガママでボンドはフォージャー家の一員に

ボンドは未来予知の能力をもった犬で、フォージャー家に欠かせない家族の一員です。

実験動物ということもあり、ストーリー上においても非常に重要なキャラクターでしょう。

今後、ボンドがどのような活躍をするのか楽しみです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる